足代小学校参観記録

  • 2011.11.08 Tuesday
  • 22:18
先週、足代小学校を参観させていただいた。自分なりの記録と感想を残しておく。
とても刺激的な公開授業だった。
文部科学省「学びのイノベーション事業」
総務省「総務省フューチャースクール推進事業」
パナソニック教育財団第37回実践研究助成
公開授業

東みよし町足代小学校にて、
一人一台のタブレットPCを活用した授業環境構築の検証事業による公開授業を参観した。

全学年授業公開
1年書写 文字のかたち 指導者用デジタル教科書利用
2年算数 かけ算 ラーニングマネジメントシステム利用
3年国語 研究レポートを書こう わたしたちと情報テキスト利用
4年国語 みんなで新聞を作ろう 学習者用デジタル教科書利用
5年算数 平均とその利用 学習者用デジタル教科書利用
6年理科 大地のつくりと変化 コラボノート・地層宅配便の利用

共通環境
全教室でインタラクティブホワイトボード、デジタルテレビ、実物投影機を活用。
一人一台のタブレットPCを活用。

IWBは、教師の教材提示、児童の発表用に利用。
デジタルテレビは、学習の流れや指示のPPスライド提示に利用。

6年理科 「大地のつくりと変化」東先生、中川先生のTT授業
各自で実験を行う。その様子を各自一人一台のタブレットPCとUSBカメラで記録し、コラボノート上に発表用資料として貼り付け、文字情報とともに記録する。全員のデータを比較するために、一覧表にも写真データを貼り付け。操作は手慣れていた。実験結果を記入した画面をデジタルテレビやIWBに提示して、発表したり、話し合ったりしていた。
実験の結果分かったことを、実際の地層標本を観察し、確かめていた。
授業の組み立ては、理科の授業として、実験の要素や手順をしっかり押さえてあり、個人実験の記録をもとに結果を比較検討考察するものであった。結果の記録や考察に、一人一台のタブレットPCを使い、入力したデータをクラスで共有して、話し合いを行っていた。協働学習のツールとしてタブレットPCとサーバ内アプリケーションが機能していた。

児童のツールとしては、パワーポイントを活用。書き込みができ、タブレットPCと親和性が高い。
指導者用デジタル教材 学習者用デジタル教材を活用。
教室のデジタルテレビと併用。
一人一台による効果は大きい。
グループに一台というバリエーションもある。

協働学習のツールとして活用するために、授業中に個人の気づきをサーバにつながるデータベースに書き込み、グループで検討したり、全体で検討したりすることができるシステムが、適している。
本校にも導入しているコラボノートはまさにそのために使える。各社が開発中の児童用デジタル教科書にもそのような協働学習用の機能が含まれている。また、学習支援ソフトによる画面の共有も考えられる。現実には、それぞれの機能を使い分けていくことになるであろう。
本校には、まだその環境はないが、整備が待ち遠しい。
少しずつ整備をしながら、できる範囲内での実践を重ねていこう。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

おすすめ

ようこそ

ブログパーツUL5

つぶやき

Twitter ブログパーツ

最近お気に入りの本

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

情報教育マイスター入門
情報教育マイスター入門 (JUGEMレビュー »)
中川 一史,藤村 裕一,木原 俊行

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM